株の世界をのぞきみるならこのドラマ

株っていうと、とにかく難しくて素人には手を出せないイメージですよね。
ちょっと興味はあっても足を踏み入れるのには大きな壁が・・。

そんなひとへおすすめのドラマが「ビッグマネー ~浮世の沙汰は株しだい~」です。
ドラマを楽しみながら株の世界をのぞき見ることができるんです。


ぐうたらフリーターが株の世界へ

主人公のフリーター白戸則道は、ふらふらとパチンコ三昧の毎日という生活を送っていました。しかし、見た目は普通の老人だが、実は伝説の相場師である小塚泰平に出会い、株の知識をいちから伝授してもらううちに、いつしか株取引と銀行を舞台にした戦いに巻き込まれていく。

ドラマの前半部分で白戸が株取引の初歩から学んでいく過程では、初めて株に接するひとにも分かりやすいように解説されており、まったくの初心者でも違和感なく観進めることができます。一部、実際の株取引ではありえない場面も描かれていますが、大枠としての知識を得るには問題ないと思います。

後半は、相続保険(ドラマの放送当時問題になっていた「変額保険」のこと)の被害に遭った小塚の知人のために、銀行との戦いに挑む内容となっています。


キャストと原作がすごい

主人公白戸則道を演じるのは、長瀬智也。
伝説の相場師を植木等、その協力者として総会屋の小日向文世、松重豊の掛け合いもドラマを面白くしています。
白戸と対照的な性格の悪役を演じる、ネプチューンの原田泰造の演技も高評価を得ています。
他にも、岡本綾、長谷川京子、八千草薫といった女優陣も注目です。

原作は、池袋ウエストゲートパークで長瀬智也と縁のある、石田衣良の「波のうえの魔術師」です。


このドラマを観たひとの感想はさまざま。
「株を始めたくなった」
「トレーダーにとってのヒントが詰め込まれている」
「株って怖い」

もちろんドラマに描かれていることがすべてではありませんが、ちょこっと株の世界をのぞきみてみるのにはぴったりのドラマです。

更新日: