知らない間に妻が貯金を使い果たして借金

自分に内緒で妻が借金をしてしていたらどうしますか?
しかも、必死に働いて貯めたお金もすべて使い果たされていたら?


僕が彼女に、借金をした理由。

1994年に放送されたテレビドラマ『僕が彼女に、借金をした理由。』には、そんな夫婦がでてきます。
郊外に一軒家を新築し順風満帆な人生を送っていたはずの夫婦でしたが、実際は、夫は不倫し、それを知った妻が心の隙間を埋めるために浪費を繰り返していたのでした。
夫は、妻の使い込みとカードローンの借金返済、その上不倫相手からの手切れ金請求に追い詰められて、自らが借金をして返済に充てます。

(ドラマの本筋としては、この後、夫が、隣に住んでいた金貸しの女性と一緒に仕事をしていくなかで、お互いに惹かれていくという内容なのですが・・。)


内緒の借金の返済義務

ドラマに出てくる夫は、自分の不倫が原因だったこともあって、妻の借金を返済していくという選択をしたのですが、本来、妻が自分に内緒でした借金の返済義務はありません。無断で保証人にされていた場合も同様です。

しかし、例外もあります。
生活費のために借金をしたケースは、夫婦が連帯して返済する義務があるとされています。

ですから、このドラマの夫は、取り立てがきたときに自分に返済義務があるのかどうかを確認すれば良かったということですね。
もしも、同じような状況になったら、法的な専門家に相談するのがベストでしょう。

更新日: